Parama-Tech
home 製品情報 支援システム情報 企業情報 採用情報 お問い合せ
Home→パラマ・テックについて→商品のあゆみ
パラマ・テックについて
→企業理念
→会社概要
→沿革
→営業拠点
→モノづくりへのこだわり
・商品のあゆみ
→海外展開
→表彰事例
→マスコミ掲載
商品のあゆみ

脈波・コロトコフ音記録計

UM-07 UM-07
昭和38年、パラマ独自のシステムによる世界初の自動血圧計を完成(UM−07)
 
UM-15LN UM-15LN
昭和44年 血圧値のデジタル化に成功
昭和46年 デジタル血圧計UM−15を発売
更に研究を重ね、詳しい生体情報を表示するために新たな取り組みを開始
 
GP-303S GP-303S 商品詳細
昭和55年、血圧と脈派・コロトコフ音を同時に記録できるGP−303型を発表
昭和60年、世界で初めて血圧と心拍出量を同時計測する最新型モデルを発表、現在に至る


携帯用心電図記憶装置

ハートレートモニター ハートレートモニター

ハートレートモニターシステムは3つの電極とわずか150gの本体を装着すると100m先まで心拍数を送信できる機器で、送信器は心電図出力端子により心電図モニターとしても使用可能

 
携帯型心電計 携帯型心電計
その後、「いつでも」「どこでも」「簡単に」心電図が測定できる携帯用心電図記憶装置を開発
測定データを携帯電話で転送し、専門の医師に相談できるシステムを発売
 
EP-202 EP-202 商品詳細
さらに改良を重ね、現在の心電波形及びリズムをコメント付で自己確認できるEP−201・202を発売開始
EP-202は、心電波形をパソコンで表示・管理可能
また、専用ソフトの使用で、測定データを当社専用サーバーに送信する事で、専門医師によるデータ診断コメントが返答される心電図診断サポートシステムも開発
Copyright(C) 2003-2008 ParamaTech. All Rights Reserved